糖尿病とは?

糖尿病とは?

糖尿病って名前は知っているけど、どういう病気なの?

食事をすると、血液の中のブドウ糖濃度(血糖値)は上昇していきます。

『インスリン』という膵臓から分泌されるホルモンの一種が分泌され、ブドウ糖は筋肉などへ送り込まれ、エネルギーとして利用されます。

ところが、このインスリンの分泌量が少なくなったり(インスリン分泌不足)、インスリンが分泌されてもうまく働かなくなったりすると、血糖値が高い状態が続いてしまいます。この血糖値が下がらず高血糖が続いてしまう状態が糖尿病です。

原因は、リンパ球があやまって膵臓の中のインスリンを出す細胞を壊してしまうことによるもの(1型糖尿病)や、肥満や運動不足によるもの(2型糖尿病)があります。

糖尿病って名前は知っているけど、どういう病気なの?

血糖値の基準値は、空腹時60~110㎎/dl、食後100~140mg/dlです。基準値内なら正常です。

血糖値が常に高い状態にあると血管を傷つけてしまいます。大きな血管では動脈硬化が進行し、心筋梗塞・肝硬変といった病気にかかりやすくなります。細い血管では毛細血管を傷つけてしまい、糖尿病網膜症などの合併症を引き起こしてしまいます。

糖尿病が進行してしまうと「三大合併症」といわれる、失明に至ることもある糖尿病網膜症、透析治療などが必要になる糖尿病腎症、壊疽(えそ)を起こして足や手を切断することもある糖尿病神経障害を起こす可能性が高くなります。

三大合併症
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症
  • 壊疽
関連記事

糖尿病の治療

糖尿病になってしまったら?

1型糖尿病の場合は、インスリンを投与することがほとんどです。

2型糖尿病の場合は、食事療法や運動療法を行います。状況に応じて経口薬やインスリン投与を行います。

きちんと血糖値のコントロールができれば、合併症を起こすのを防ぐことができます。

糖尿病のタイプ

1型糖尿病

自分の体の中で、膵臓の中のインスリンを出す細胞を攻撃する因子が産生され、どんどん膵臓の中のインスリンを出す細胞が壊れて(なくなって)しまい、インスリンが出なくなってしまう病気です。ほとんどの人でインスリン注射が必須となります。

2型糖尿病

糖尿病の多くは、2型糖尿病です。

2型糖尿病は、遺伝や欧米化した食事、運動不足などが原因と考えられ、インスリンの分泌量が少なくなったり、効き方が悪くなる事により、徐々に血糖値が上昇し症状が進んでいきます。

妊娠糖尿病

妊娠時に糖代謝異常が現れた場合に起こります。

糖尿病の症状がみられた場合や、健康診断で数値が高かった場合は、必ず医療機関を受診することをおすすめします。糖尿病は治らない病気といわれていますが、早期発見であれば治ることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です